引っ越し見積もりを一括でプロが代行してくれる

学生の引っ越しを少しでも安くするこんな見積もりの取り方・引っ越しの仕方

学生の引っ越しを少しでも安くするコツ

 

学生が引っ越しをするときには主に2つのパターンがあります。
初めて実家から引っ越しをするパターンと
2回目3回目の引っ越しのパターンです。
2回目3回目の引っ越しのパターンの多くは
学生仲間同士で引っ越しをすることが多いので、
お金は掛からないです。

 

 

また、こういう場合、引越し業者を探すことも少ないです。
一番多いのは初めて実家から引っ越しをするケースです。
この時に注意したいのは、
最初からあれこれと荷物を買ってしまわないことです。
引っ越しは荷物の量で金額が決まります。
このため、机やら冷蔵庫やら洗濯機やら、
実家にあるからと言ってあれこれと持たせるのは、
逆に高く付きます。

 

 

今時、冷蔵庫も洗濯機も安いのであれば1〜2万ぐらいですし、
それこそ、単身一括で準備をすれば5万ぐらいで新品が揃います。
これらを冷蔵庫やら洗濯機やらを引っ越しの荷物に入れれば、
それだけで同じぐらい掛かってしまうのですから馬鹿らしいです。

 

 

初めての引っ越しの時の基本は、
とにかくダンボールに入る範囲で引っ越しの荷物を作り上げることです。
趣味のものなどは荷物に余裕があるときには考慮しても良いですが、
それ以外は時期を見て後日の方が良いです。

 

 

特に初めての引っ越しの場合、
引越しシーズン繁忙期になりやすいです。
時期としては3月中旬から4月上旬です。
この時が一番引っ越しの料金が高くなります。

 

 

このためいろいろとあると思いますが、
引っ越しを安くしたいなら卒業が決まったら、
あるいは新居が決まったらとっとと引っ越してしまうことです。
それだけで目の前の引っ越し料金が大幅に安くなることだってざらです。

 

 

引っ越しというのは「引っ越したい日時に引っ越そうとする」というのが
一番高くなります。
3月中旬から4月上旬が高くなるのもそのせいです。
新入学の場合は卒業式と入学式の兼ね合いもあるので尚更です。

 

 

こういう場合、とにかく安くしたいなら、
まずは単身パックを検討すると良いです。
初めての引っ越しならば、大手の方が安心です。

 

 

大手であれば単身パックはほとんどの業者が取り扱っています。

 

日本通運

単身パック当日便 各種条件はあるがダンボールなどの梱包材サービス
単身パックS 15000円〜
単身パックL 16000円〜
単身パックX 51000円〜
※各種割引有り(ただし、割り増しもあり)
※当日便以外はダンボールなどの梱包材は自分で用意、または有料
※3月20日〜4月10日の繁忙期は条件に制限有り

 

ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)

単身引っ越しサービス 13000円〜
※各種割引有り(ただし、割り増しもあり)3月20日〜4月2日の繁忙期には適用外有
※ダンボールなどの梱包材は自分で用意、または有料

 

SGムービング(佐川急便)

単身向けのサービスはいろいろと有り、一個でも運んでくれる
料金は全部見積もりになってます。

 

アリさんマークの引越社

単身でお引越し(超ミニ、特ミニ、ミニプランあり) 
※割引有り、ご成約につきダンボールなどの梱包材プレゼント
※3月10日〜4月10日は繁忙期のため除く

 

アーク引越センター

ミニ引越プラン各種 金額は見積もり
※ダンボールなどの梱包材規定数無料+割引有り

 

サカイ引越センター

パンダロジスティックス(小口便) 金額は見積もり
ダンボールなどの梱包材は有料

実は中小の引越し業者であれば単身パックよりも多い量でも安いときがある

学生の引っ越しを少しでも安くするコツ

 

上でも挙げたように大手の引越し業者なら、
大抵はどこでも単身パックをやっています。
ただ、荷物を減らしてもうまく単身パックに入りきらないという場合もあります。
こういう場合、引っ越し料金は飛躍的に高くなります。

 

 

これは引っ越しの仕組み上しょうがないのですが、
単身パックは荷物の配送がシステム化されています。
このため単価を安く出来るのですが、
その規格から外れた荷物の量になると、
必然的に通常の引っ越しになるため高くなってしまいます。

 

 

ただ、ここでポイントになるのは、比較的近い距離ならば、
中小の引越し業者などを使う手もあるということです。
代表的な例は赤帽です。

 

 

赤帽の東京の単身の引っ越しの場合、大体13500円からです。
詳細はこちら

 

 

赤帽にも良いところ使い勝手の悪いところがあります。
良いところはトラックに入る分だけやってくれる点です。
悪いところは大型の家具家電の場合、手伝いが必要という点です。

 

 

例としては赤帽を挙げましたが、
地元の引越し業者を使うと大手を使うより安くなりやすいです。
その分、長距離に荷物を運んだり出来ない、
補償の点で手厚くないというのはあるかもしれません。
しかし、使い勝手は大手よりも良いです。

 

 

また、これは2回目3回目の学生さんの引っ越しの時に使いやすい方法ですが、
トラックと運転手だけ借りる方法もあります。
レントラ便というサービスです
学生さんによっては免許が無いなどで引っ越しに車が使えないケースもありますが、
安く済ませたい、そして手軽にやりたいっていう場合にぴったりです。

 

 

ただし、距離が遠くなると普通に引越し業者を使った方が安いので、
近場で作業人数を確保出来るならという条件付きです。

 

 

最後に学生であっても、単身パックでもやっておいた方が良いのが複数の引越し業者の見積もりです。
通常の引っ越しなら見積もりを取ることに違和感が無いことが多いですが、
単身パックなどの場合、金額が決まっているのだからと見積もりを取らないことがあります。

 

 

ところが、単身パックにもいろいろと割引サービスが付いてくることがありますし、
逆に割増になることもあります。
このため学生でも複数の引越し業者から見積もりを取った方が良いですし、
また、中小の引越し業者から見積もりをとって単身パックと比べてみることは、
料金を安くするコツと言えます。

 

 

知っている引越し業者があるならばそこから見積もりを取ってみると良いのですが、
引っ越しなんて普通はやらないので、今では一括見積もりサービスが有名になってきています。

 

 

有名どころではこんなところがあります↓

 

引越し達人

※引越しのご成約後に様々な割引などの特典を用意している珍しいサイトです

 

 

ズバット引越し比較

※こちらは比較サイト最多クラスの引越し業者の提携数を誇っているサイトで、幅広いところから見積もりが欲しいときには役立ちます。

 

 

少しでもお得にとなれば、引越し達人の方が良いかも知れません。
ただ、よく分からないところにいろいろと情報を入れるのは不安だっていう人も多いです。
そういう人のために新しいサービスが出てきました。
それがこちら↓
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

 

今では個人情報が拡散する不安を出来るだけ避けたいという人が多いです。
この引越しラクっとNAVIも無料一括見積もりサービスがありますが、
ここは「サポートセンター」というサービスを提供しています。

 

 

通常の一括見積もりサイトは、
引越しに必要な情報を入力した後、
一斉に提携引越し業者に見積もり依頼を出すことになります。
このため、個人情報は一気に拡散します。

 

 

しかし、この引越しラクっとNAVIは、最初に連絡先と連絡日時程度しか
必要ありません。
その後は、サポートセンターから指定日時に連絡が来て、
引越しに必要な情報を最初にヒアリングしてくれます。

 

 

そして、その後、サポートセンターから引越し業者に
見積もりに必要な情報だけ」提供して見積もりを依頼してくれます。
つまり、引越し業者に不要な電話番号などが通知されない仕組みになっています。

 

 

今までこういう仕組みを取っているところは無かったので、
個人情報に対して最新の注意を払っているところになります。
引越しを少しでも安くしたい、でも、個人情報も心配という方には
ぴったりのサービスです。
引越しを検討しているならば、一度見積もりを依頼されてみると良いです。
ここは見積もりだけでもOKですと公式でうたっていますので。
詳細はこちらから申し込んでみてください↓